顔を小さく|入れ墨除去も頼れます|美容整形でコンプレックスを消す

入れ墨除去も頼れます|美容整形でコンプレックスを消す

顔を小さく

ドクター

小顔は多くの女性の憧れです。しかし、顔の骨格や筋肉の付き方によって顔が大きく見えてしまうこともあります。顔を小さくしていきたいと考えている場合、美容整形で行うことができます。整形には様々な種類があり、自分のタイプによって使い分けることが必要です。現在主に利用されている方法として、ヒアルロン酸があります。ヒアルロン酸は主にあごの部分に使用していきます。引っ込んで見えるあごにヒアルロン酸を注入することで、あごをふっくらさせて輪郭を整える事ができます。ヒアルロン酸はもともと人間の体に存在する物質なので、安全性も高く傷跡やダウンタイムと呼ばれるものもほとんどありません。

小顔にしたいと考える女性の中には、エラに悩んでいる人も少なくありません。咬筋が発達したことによるエラ張りがある場合は、ボトックス注射を行うことで動きを抑制させ、麻痺させることができます。顔の筋肉を抑制させることで、輪郭をよりシャープにすることができます。注射をするだけなので、手軽に受けられることが特徴で、効果が半年から1年程度となっています。定期的に美容整形に通い注射を受けることが必要になりますが、小顔効果は非常に高いです。また、たるみやほうれい線に悩んでいる人の場合、脂肪吸引を行うことでたるんでいた所が引き上げられるというメリットがあります。手術の腫れは3〜4日間程度続くといわれており、完全に腫れが弾くまでは1ヶ月程度かかると言われています。しかし、その分小顔効果が続き、美容整形の中でも人気がある施術です。